ヘアケア商品30%OFF

ダメージヘア対策

ヘアトリートメント [ in bath Treatment ] 特集 激安通販


各メーカーでの人気のあるシリーズを特集致しています。
お客様の髪質に合う商品をお選び下さい。

ダメージヘア対策


洗い流すトリートメント4

ヘアダメージに悩んでいる人はなんと75%と半数以上に!
多かった意見が「枝毛」や「髪のパサつき」、「ごわつき」でした。気を付けているつもりでも、日々ダメージを受けていく髪。
「もともとの髪質がよくないから…」とあきらめている人も多いのではないでしょうか・・・。

でもあきらめるのはまだ早い! 

確かにくせ毛や猫っ毛など、生まれ持った毛質というものはありますが、
でも、ダメージによるスカスカになった髪の中を補うことでしっとりしなやかな髪を取り戻すことも可能なのです。
スキンケア同様に、ヘアケアも使用するアイテムや使い方によって状態は変わります。
さぁ!今日から髪のお手入れも頑張りましょう!!


シュワルツコフ BCクア タイムエキスパート
デミ ヘアシーズンズ マスク
ハホニコ ラメイプロトメント
モルトベーネ ロレッタ 特別な日のトリートメント
アリミノ ケアトリコ ヘアマスク Type-ex
ルベル イオ
リアル化学 リスリュ
資生堂 アクアアドバンス インテンシブマスク
ロレアル ミシックオイル マスク
ハホニコ ビッツル
フィヨーレ Fプロテクト ヘアマスク リッチタイプ




【ヘアケアの豆知識・その1】
洗い流すトリートメント2

■リンス
リンスは、3つの中で一番最初に開発されたヘアケア剤。
( 昔は洗浄力の強いシャンプーしかなかったので、ゴワゴワな洗いあがりを、良くするためにリンスが必要でした。)
髪の表面を油分でカバーし、髪の水分の蒸発をおさえる役割をします。シャンプーの後の髪のきしみを防いで、クシや指通り、そして手ざわりを良くします。
しかし、毛髪の中にはなじみません。
ちなみに、リンス(rinse)は、英語で「すすぐ」という意味で和製英語です。


■コンディショナー
シャンプーの後、毛髪のコンディションをよくする目的で開発されたヘアケア剤。
毛髪に汚れがつかないようにしたり、サラサラ・しっとりさせたりします。

■トリートメント
本来は、洗髪後、乾いた毛髪に施すヘアケア剤として開発されました。
毛髪を健康にする目的で考えられ、作り出されたものです。 しかし、現在はリンス感覚で使用されていますね。
粘度は高く、時間をかけながら効果を発揮し毛髪に収着。ダメージ部分に栄養を補給していきます。

近年は、トリートメントよりも粘度が高い「ヘアマスク」も登場しています。 ヘアマスクはトリートメントより早い時間で、よりその効果を発揮します。


【ヘアケアの豆知識・その2】
洗い流すトリートメント3

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

65